動物愛護協会の写真展に行ってきました

皆さん、こんにちは。ここ数日ですっかり秋めいてきましたね。今年は「残暑が厳しいですね…」という言葉を言わなくて済むかな?(笑)

先日、私がお手伝いに行っている、神奈川県動物愛護協会の夏恒例の写真展に行ってきました。毎年8月に開催されているのですが、今年はちょっと遅れて9月1日~3日までの開催となりました。スタッフの皆さんは、毎年、準備に大わらわ。今年も前日は23時過ぎまで掛かったとか… ご苦労様でした。


スタッフさんが撮影した写真や、新しい家族と出会い、協会から巣立っていった子たちの幸せいっぱいの写真を見ることができて、いつも笑顔になります。そして、動物愛護に関するパネル展示を見て、考えさせられます。

ウェルカムボード

今年はスイちゃんの笑顔で
出迎えてもらいましたぁ~🌸 

写真展会場内の様子

スタッフさんが撮りためた写真が
いっぱい展示されてました
みんな良い顔してました‼

ウチの子自慢ボード

今年の新企画『ウチの子自慢』(動物保護施設orノラ出身部門?!)で、“ウチの子”自慢をしてしまいました…😅 
親バカですかねぇ、、、
でもウチのひなさんは自慢の子なんです‼

下向き矢印 ピンク 右
ウチの子自慢 ひなのボード

ポスターにも考えさせられる言葉が書かれてていました。

ポスター1
ポスター1 拡大
ポスター2
ポスター2

写真が上手く撮れなかったのですが、こういう一文もありました。

『78歳のおばあちゃんが、80歳になる猫の介護をしている。』

『捨てる人が悪い。だけでは、救えない。』

ズッシリと心に響く言葉ですね、、、 まずは自分ができることをする。そして、自分もできることをする。そこからスタートですね。