チャレンジ🌈

みなさん、こんにちは。新型コロナウイルス感染拡大のため、外出自粛で家にいる時間が増えていると思います。いつもお仕事に行っているママさん、パパさんが家にいてくれるので、ラッキー😍と思っているワンちゃんも多いかも。逆に、いつも留守番中は好き勝手にできて、邪魔されずにノンビリできているのに...なんかちょっとストレス…😩と、思っているワンちゃんもいると思います。ウチのひなさんは、上手に、パパさんを使っているような❓🤔(だって、ママさんはあたしの言うこと聞いてくれないじゃん❗ その点、パパさんならフッフッフッ😏 by hina) 「そうだねぇ~ ひなの言う通り❗」(笑) 

テレワークになったことだし、いつも留守番させてるから、せっかくだから構い倒してあげちゃえっ😆」と考える飼い主さんは多いのでは❓ でもちょっと待ってください❗❗ 人は、今、「外出自粛で家で仕事しているけど、落ち着いたらまた出社する」とわかっています。では、犬は❓ そんなこと知ったことではありません。だから、飼い主さんが「ヨシ、今日からまた出社するぞ!」と言っても、意味が分からないし、対応ができません。なので、犬との時間を過ごすことは良いでしょう。ただし、必要以上に構い倒したり、ワガママを聞くことは止めてください。『それが適えられなくなった時』=元の日常生活に戻った時に、大きな問題に発展してしまう可能性がありますよ😱 気をつけて👊

という注意喚起🐶はココまでにして、では、この『stay home with DOG』の時間をどのように過ごそうか❓の提案を1つ。
犬も普通には散歩に行けても、週末の長い散歩がなくなってしまったり、ドッグランに行けなくなったり、お出かけや旅行がなくなってしまったり、さらにいつもいない人が家にいて落ち着けなかったり😜、なんてことがあるかも。そんなストレス発散に、いつもとは違う遊び、頭の体操をしてみるのは如何ですか😉 まっ、トレーニングと言えば、トレーニングですが(笑)、飼い主さんも一緒に、頭の体操をしてみては如何でしょうか❓ なぜ遊びが、頭の体操なの❓ なぜ飼い主さんも❓ それはやってみればわかりますよ👍 

今回チャレンジしてくれたのは、つきのわ動物病院で飼われているくりちゃんです。2歳になり、だいぶ落ち着きが出てきて、院長先生からも「良い子になってきたなぁ~」と言われているそうです😃 スタッフさんたちが、頑張ってきた甲斐がありました。
そんな落ち着きが出てきたくりちゃんに、ちょっと考えるチャレンジをさせてみよう✨” ということになり、コレにチャレンジしてもらうことにしました。

コレです(笑)
イスに両手をついて、お祈りのポーズ😉

小さくて暗くてスミマセン😓
久々にやった時のものなので、
ご褒美が大きすぎですね💦💦

簡単に言ってしまうと

  1. イスの前にオスワリをする
  2. 片手づつ順番に、もしくは両手同時に、イスの上に両手を置く
  3. 頭を両足の間に入れる

以上です。
オスワリとオテができて、あとは頭を下げることを教えればできます。「オスワリとオテはデキるから、結構簡単にできるかも🙄」って思いますよね。やってみると結構、難しい💦 ワンちゃんによって、デキないポイント、難しいと感じるポイントが違うので、『この方法が正解です🎊』というものがありません。ワンちゃんと一緒に共同作業で進めてください。だ・か・ら、飼い主さんの頭の体操にもなるんですよ👍

今日の主役、くりちゃんです

さて、くりちゃんです。スムーズにいくかなぁ~と思いきや、最初から難関が❗(笑) くりちゃん、実は慎重なところがありまして、人の手にオテはできても、イスにオテをすることができませんでした😅 もちろん、足を引っ張ってきて、イスに乗せるのはダメ😣 もっとイヤになってしまいます。あくまでも本人(犬)が、気持ちよくやらないとダメですよ。
ということで、まず、スタッフさんたちがやったことは・・・ 

スタッフ:くりぃ~オテちょうだい
くり:えぇ~ なんでぇ~ ... ちょっとイヤです
スタッフ:ほら、大好きなオヤツあるよぉ~(赤丸の中)
くり:欲しいけどぉ ちょっとぉ~ 困った💦

スタッフ:くりぃ~ ガンバレェ~
くり:うぅぅぅ~ん、えぃ❗
スタッフ:もうちょっと近づきなよぉ~
くり:じゃ、ちょっと近づいて もう1回、えぃ❗

1回触ればもう大丈夫👍

もう両手を乗せられるよ🤩

くりちゃんは、イスに手を置くのをなぜか❓❗ためらっていました。なぜかはわかりません(笑) なので、まずは、スタッフさんが、イスの前に手を置いて、「ココにオテをしてみてぇ~」ということから始めてみました。最初はかなり離れた位置で、「どうしよう、どうしよう…」としていたのですが、やっと心を決めて、遠くから、足を伸ばして『オテ!』。しっかりご褒美をもらい、ちょっとづつ勇気が出てきたのか、イスとの距離が近づいてきました。最終的に、オスワリはどこかに行ってしまいましたが(笑)、なんとかイスに両手を乗せることができました。第一ステージ、成功です👍

第二ステージ。もうちょっとイスに近づいてもらいましょう😉 
「オスワリする」はとりあえずおいておいて、まずは、イスに ちゅうちょなく近づけるようになることを、第二の目標にしました。

「乗ってぇ~」の合図で、くりちゃんに両前足で
ダンっ💨と、乗ってもらいました

乗れたらもちろん、ご褒美を😍

この時、絶対に無理やりすることはしません
くりちゃんが乗りたいかどうかっ❗です😉

おぉっ😲 ドンドンやる気が出てきましたね👍 

もうイスに対する ちゅうちょ
なくなってきましたね😃

では、次👊

今度は落ち着いて、「オスワリをしてイスの上にオテ」をしてもらいましょう😁

まずは「オテ」から

イスの上に手を置いて、その上に「オテ」

そうそう、上手👌

じゃ、次は同じように「オカワリ」に挑戦

おぉ~デキてる、デキてる👏

 

「オカワリ」をしてご褒美をもらいつつ、
「オテ」をしてみようかぁ❓❗

ちょっと狙った形とは違うけど😅、
両手がイスの上に乗りました👍

では、今日の最終ステージにいきましょう❗
オスワリをしつつ、補助なしで(=スタッフさんの手は置かずに!)イスの上に両手を乗せる、です。

実際にやってみると、なかなか上手くいかず、両手がイスに乗った😍と思ったら、立ち上がってしまう😩...両手をイスに乗せた状態で、徐々に腰を落としてオスワリに近づいた😍と思ったら、片手を外してしまう😩...の繰り返し。なかなか上手くいきませんでした。色々なアプローチを試すこと数分、やっとデキました👏 今回、ちゃんとデキたのは、この1回だけでしたが、デキたのは確か🤩 くりちゃん、スタッフさん、頑張りました👏

イスにタッチ⑥

そうそう、理想のポジションです😍
両腕の間に隙間がないと、顔が下げられないからねぇ~
くりちゃん、頑張りました👍

イスにタッチ⑦

もちろん最後は、お褒めの言葉と共に、
ご褒美もオヤツももらえましたよ✨

今回のセッションでは、くりちゃんが思いの外頑張ってくれて、だいぶ進みました。「えっ!最後までデキてないし...それで デキたって言えるの?」と、思う方もいるかも。でも、実際やってみると、タスクが複雑になればなるほど、1回のセッションでできることはありません。時には1年かけて(ほぼ)100%のデキに仕上げていくこともあります。

結果はさほど重要ではありません。やっていく過程の方が重要です。ワンちゃんとの二人五脚で、試行錯誤しながらやっていく過程で、色々なことを経験できますし、お互いのことを知る、理解することにもつながります。そして、何より楽しいです😃 最初は試行錯誤中なので、上手くいかないことも多々あります。もちろん失敗して、ワンちゃんに謝ることもあると思いますよ(笑) 

ワンちゃんに自分がやって欲しいことどうすれば上手く伝わるのか、理解してもらえるか、そのポイントをおさえることが腕の見せどころ😉 時にはヒントを出すタイミングや大きさ、手の位置や角度、体や、足の向き、、、などなど、些細な違いで上手く使わるか、伝わらないかが決まることも。ワンちゃんにも、頭をフル回転させて読み取ってもらう必要がありますが、飼い主さんも頭をフル回転して、ワンちゃんに伝えなければいけません。一方的に伝えたり、ヤラせるだけではダメ。一瞬、伝わったように見えますが、その場限りになってしまうこともしばしばです。飼い主さんが上手に伝え、それをワンちゃんが受け取り、考えて、実行し、身につけること。それが大切です。

ワンちゃんとの時間をいつもよりちょっとだけ長くとれる状況なら、こんな時間の使い方は如何でしょうか❓ 終わった後は、きっとワンちゃんはグッスリ寝てくれると思いますよ💤