先住犬と新入りパピー

最近、同居生活を始めた2人です 

初めてパピーと生活を始めた頃は、吠え・咬み・トイレ・食事…と、毎日、毎日出てくるギモンに、右往左往していたことと思います。それが成長と共に解消されてくると、『もう1頭パピーを飼ってみようかしら❓』と、考える、または考えたことのある飼い主さんは多いのではないでしょうか? 曰く、「きっと妹、弟がいた方が、この子も楽しいはず❗」「1頭でこんなに楽しいんだから、2頭ならもっと楽しいはず❗」「1頭も2頭も、大変さは一緒よね」等など。

しかし、皆さんが思っているほど多頭飼いは、楽にできるものではありません。『多頭飼いしたい❗』と思うなら、それなりの事前準備(先住犬のしつけやその子の性格把握…)と、覚悟(=時間も苦労も、そしてお金も2倍になる)が必要ですよ。

きなこちゃんはとっても穏やかな性格
平和主義者なので、争いごとはキライ
タフなあんこちゃんには、毎日押され気味です💦

さて、パピーの頃からパピー&ジュニアパーティーに来てくれていたきなこちゃん。最近、あんこちゃんという妹ができたそうです。

きなこちゃんは、とても穏やかで、可愛らしいシバちゃんです。先住犬がこの子なら、『もう1頭シバ犬がいても良いかも』と、飼い主さんが思うのも無理ないかも!(笑) きなこちゃんの飼い主さんも、きなこちゃんが落ち着いている子なので、多頭飼いに対して、そんなに不安がなかったように思います。きなこちゃんの“しつけ”も頑張ってきましたね😉 準備万端で2頭目を迎えたんだと思います。

そして、新しいメンバーに加わったあんこちゃんきなこちゃんと同じブリーダーさんの所から来たからか、きなこちゃんの性格をしっかり把握した上で、あんこちゃんが選ばれたように思います。
あんこちゃんの性格は、きなこちゃんとは反対かな❓と思います。あんこちゃんは積極的でめげない、強い性格のようです。女子同士ですし、似た者同士よりは、逆の性格の方が、争いごとが起きないと思います(笑)

ただここで、2人の性格が逆なだけに、飼い主さんにはある心配が。『2人は仲良くできているのか❓』『下の子に“やられっぱなし”で上の子が可哀相。どうやって助ければ良い❓』『なんだか前より遊び方が激しくなってきた気がする。このままで大丈夫❓止めた方が良い❓』等など。

元気いっぱい、明るいあんこちゃん
どうもきなこちゃんより強い性格なようです💦

これらの心配は、新しいパピーを迎えて多頭飼いになった多くの飼い主さんが持つ心配であり、ギモンかな?と、思います。きなこちゃんあんこちゃんのママさんも、この心配とギモンを感じて、相談にみえました。

いつも控えめなきなこちゃんあんこちゃんには遊びに誘われたり、追いかけられて逃げ回ったり…と、なかなか大変な日々を過ごしていたそうです。まっ、それはしょうがない、相手はパピーさんですからね😅 パピーの遊びたい❗構って欲しい❗❗気持ちは、かなり激しいです。さらに、あんこちゃんきなこちゃんより“押しが強い”性格です。きなこちゃんが、あんこちゃんに押されるのも仕方ないかと… 
ここで問題になるのが、唸り声をあげている、相手に圧し掛かっているからといって、安易に犬たちの“会話”を止めてしまうことです。特に、相手が6か月以下のパピーであれば、ほとんどの場合、会話を止める必要はないです。止めてしまうとフラストレーションがたまり、次の会話がヒートアップしてしまうことも。なので、飼い主さんがグッと我慢をして、見守ることも必要な場合があります。ワンちゃん同士がどんな会話をしているのか❓ 止めに入らなければいけないのは“いつ”なのか❗ 見極めるスキルを身につけることも、飼い主さんには必要になりますよ。

※一方がパピーではなく、ジュニアや成犬の場合には注意が必要になりますので、不安がある場合には、必ず専門家にご相談ください

きなこ:ちょっと、いい加減にしなさいよ❗
あんこ:えぇ~いいじゃん🙄

あんこ:きなこ姉ちゃんをやっつけちゃえ!
きなこ:はぁ… … …

きなこちゃんのママさんも、あんこちゃんが唸り声をあげて、激しくきなこちゃんを咬んだり引っ張ったり、追いかけるので、怖くなってしまい、すぐに止めていた…という話でした。ただ、毎回止めているのに『なぜか』日に日に争う声が激しくなりきなこちゃんあんこちゃんから逃げることが多くなったので、『2人の仲が悪くなってきているのでは❓』と、考えたそうです。

見ている限り2人の間には険悪な雰囲気がないこと、きなこちゃんの態度が若干、“お疲れ気味”ではありましたが、“不安”や“怒り”は感じなかったことから、「とりあえず、最後まで会話を完結させてあげましょう❗」ということで、見守ってみました。結果、2人は会話を最後までデキたことに満足して、何回かバトルという名の会話をした後は、2人で寄り添って窓の外を眺めたり、フセをしたりしていました。これには、ママさんもびっくり😲 「家で、こんな2人の姿を見たことない😍」とのこと。そして2人の仲が悪くないことにホッとしたようでした。

2人の関係が良いことが分かったので、ちょっとお疲れ気味なきなこちゃんに変わって、クリちゃんに登場してもらいました。きなこちゃんクリちゃんは、パピーの頃からの知り合いです。ただ、きなこちゃんは、クリちゃんがちょっとラフな遊び方をするので、ちょっと引き気味…なんですけどね😅

あんこ:アナタだれぇ~ あたし、あんこぉ~
クリ:なかなか元気ねぇ~ あたしと遊ぶ❓❗
あんこ:遊んでくれるの❓ いくわよ❗
クリ:フフフッ ついて来れるかなぁ~🙃

あんこ:うわぁぁぁぁ ちょっと激しいぃぃ~
クリ:まだまだよぉ~ いくわよぉ~~
あんこ:きゃぁ~ あたし、まだパピーなのよ😠
クリ:まっ、いいじゃないぃ~
あんこ:ダメェ〰  ヤラれるぅ~
クリ:まだまだぁ

あんこ:今度は押さえつけてやるんだから❗

あんこちゃんにとっては、初めて❓押され気味で“遊ぶ”体験をしました。少しは、きなこちゃんの気持ちがわかったかな?! 遊びの中でやったり、やられたりしながら、犬のルールを学んでいくのがパピーの重要な学習の1つ。色々な犬と出会うことで、あんこちゃんもマナーの良い“先輩ワンちゃん”に成長してくれることを期待しています。

近い将来の予想としては、きなこちゃんあんこちゃんの関係は、おそらくあんこちゃんの方が主導権を握るのではないかと思います。飼い主さんとしては、先住犬を重視したい気持ちが強いと思いますが、『年が上だから、いつでも、なんでも最初』は、犬の世界では通用しません。強い子の方を重視してあげた方が、関係が安定します。強いからエライではなく、強いから色々なことに対して責任が出てくるのです。あんこちゃんはきっとその役目を果たしてくれるでしょうし、きなこちゃんもそれを受け入れると思いますよ。これからどんな2人の様子が見られるか❗ 楽しみにしています。