「いぬのきもち」🐾

4月になっても寒い日が続いていましたが、やっと春らしい気温になってきましたね。皆さんもワンちゃんと一緒にお花見に行きましたか 私とひなは、毎朝、お散歩コースの公園でお花見していますよぉ~ 今年は桜が開花になってから気温が低かったお陰で、長く見られて良いですねぇ~ 近い内に、お花見の様子をひな お伝えすると思いますので

さて、今日は「いぬのきもち」5月号のお知らせです。今回は、『その顔は、どんなきもち?』初心者さん&ベテランさん向け)と、『いぬとわたしのていねいな暮らし方』(ベテランさん向け)の2つを監修させて頂きました。

『その顔は、どんなきもち?』は、イラストで7つの表情を解説してみました。顔のイラストだけで “犬の気持ち” を説明するのは、なかなか難しかった… というのも、犬の気持ちを理解するには、表情だけでなく、ボディーランゲージや、その犬の性格などを加味して読んでいかないと間違えてしまいます。また、実際には犬の気持ちは《 点 》ではなく、《 流れ 》の中で生まれてくるので、犬がその表情や態度をとった前後の状況も加味して読んでいかなければなりません。笑顔だから常に《 嬉しい 》、シッポを振っているから常に《 楽しい 》ということではありませんし、ムキ顔をするのは常に《 イケナイ顔 》ということではありません。色々と総合的に見ていかないと、犬の気持ちを読み違えてしまいます。難しい でもわかると面白い
今回の記事を読んで頂いて、ちょっとでも「犬って色んな表情するんだぁ~ へぇ~」とか、「ウチの子はどんなことを話しているのかしら」や、「最近よくこういう表情するけど、もしかしてこういう意味」など、ワンちゃんの表情を観察するお役に立てれば、と思っています。

『いぬとわたしのていねいな暮らし方』では、ちょっとした工夫で、よりワンちゃんとの心の距離が近づき、絆が深まりますよ、という話をさせて頂きました。最初、『ていねいな暮らし方』と聞いて、「」となっていた私 私とひなの生活の中に「ていねい」という言葉が当てはまるのかっと(笑) ただ、《 ひなとの接し方 》という意味では「ていねい」に暮らしていたのかもしれません。今回、そのいくつかを紹介してみました。皆さんがワンちゃんと生活する上で、ちょっとしたヒントになればと思います。

今回の撮影には、犬友達のぷうちゃん(M・ダックス)と、むくくん(G・レトリバー)が参加をしてくれました。むくくんは、撮影時に編集者のお姉さんにナデナデしてもらったり、肉球マッサージをしてもらったり、結構ご満悦な様子でしたね。時々ハイテンションに動き回って、飼い主さんに怒られてましたが まっ、それもご愛敬(笑) いい仕事してくれました
そしてもう1人、ぷうちゃん。ちょっと人見知りなところがあるので、心配をしていましたが、そんな心配はどこ吹く風 「あれ この子ぷうちゃん」って、思わず確かめたくなるような変貌ぶりを見せてくれました。撮影後半では、カメラマンさんもノリノリで、ドンドン、ぷうちゃんに「今度はこうしてみて」「コッチ見てぇ~」「もうちょっと上ぇ~」と、お願い。そしてそれにすべて応えるぷうちゃん。まさに女優ぷう誕生という感じでした。最後は、カスタネットまで叩いてくれて、本当に、頑張ってくれました 本当に驚きの成長を見せてくれた、ぷうちゃん。これからも色々なことに挑戦していこうね✌

puu_smail

女優ぷう誕生 (撮影終了後の笑顔)
人見知りだったぷうちゃんが、才能を開花させました❗ 
カメラマンさんの要求にバッチリ応えていたぷうちゃんに、ママさんも私もビックリ 
ぷうちゃん、ステキな笑顔をありがとう 
( 撮影は編集の佐々木さん )