コンテンツへスキップ

Dear Lea ~ 感謝と共に ~

顔を撫でられるレア

我が家ミラクルボーイレアが、虹の橋を渡っていきました
本当に、本当に、頑張って、頑張って、一生懸命に生きた2年間でした

我が家にやってきて レア と名付けられて、8カ月
楽しい、面白い、嬉しい、幸せな体験もいっぱいできた日々でした
時に不安、焦り、困惑、混乱を感じる大変な日々でもありました

レア として過ごした8カ月は、色々なことがギュっと詰まった日々でした

見つめるレア

初対面の日、レアガリガリで、毛もボサボサの状態でした。でも、目はキラキラ✨ 右目はだいぶ前に傷を負い、治療もされず、白く曇っていましたが、左目はキラキラしていました。本当にイケメンな レアちゃんでした😆

目のキラキラ具合に負けず劣らず輝いていたのは、レア 性格です。診察してくれた先生から、「性格はすごく良い!」と太鼓判を押された、レア。この性格の良さは、旅立ちのその日まで、変わることなく、彼の一番の長所でした。

上から見たひなとレア
微妙な距離感のひなとレア
並んで立っているひなとレア
初めての人に会いました
「今日からウチの子だよぉ~ 今日からアナタの名前はレアくんです」と言われたのでした

また車に乗って移動
なんだか遠くに来た感じです
そこで“先輩”と“相棒”に会いました

“先輩”の名前は、“ひな先輩”
最初はメチャクチャ怒られました💦
その代わり、色々なことを教えてくれて、見本を見せてくれて、そして時々だけど遊んでくれる“頼りになる先輩”でした

“相棒”の名前は“パパさん”
ボクを連れてきてくれた“ママさん”に、「まったく、ウチの男子チームは、なんで同じ誤魔化し方をするわけ?!」とよく言われました
ん? ん~~~~ん? そうかぁ? 
あっ、そう言えば、ママさんやひな先輩に何か言われた時に、一緒に「知らないようねぇ? ねぇ?🙄」って言ったことあったなぁ... やっぱり気の合う“相棒”だね、パパさん!

                                         by Lea

レアは野球が好きなのか?!(笑)
散歩の途中、野球グランド横を通る時には、よく、練習の様子を見ていました。
そして、東京オリンピックの時には、一緒にソフトボールの試合を観戦しました。
レアはテレビにクギ付けでした(笑)
やっぱり野球少年だったのか?!

テレビを見るレア

ちょっと離れたところの公園にも行きました。
夏、秋、冬を感じました。

笑顔のレア
柵から下を覗くレア
イチョウの落ち葉の上に佇むレア
コチラを見上げるレア

色んなことも覚えました。
いくつかはレアが自分で編み出しましたよ👍

出掛ける時に、ウッドデッキに出てきて、お見送りをしてくれるようになりました。
鼻フェチの私としては、最高のお見送り方法でした(笑)

木の柵の隙間からコチラも見るレア
木の柵の隙間から鼻を出すレア

家に帰ってきてからの足拭きルーティーン。
これは、ひな先輩の行動を真似したようです。
ただ、位置についてオスワリした途端、左足を上げるので、泥アシが顔にヒットすることも😑
ちょっとイラっ💢となりましたね。
なので、「ちょうだい」と言ってから手を上げるように、プラスして教えてみました。

ソメイヨシノの開花までは間に合いませんでしたが、梅の花、枝垂れ桜、そしてウグイスの声を聴いて、ちょっとだけ春を感じたレア。春🌸だよぉ~レア

我が家に来た初夏から、秋、冬、そして早春を一緒に過ごしてきました。欲を言えば、もっと一緒に季節を何度も、何度も、過ごしたかった。でも、レアは一生懸命に彼の時間を生き切りました。だから、残念、という言葉は使いたくないです。よく頑張ったね、レア💖

梅の木の前に立つレア
目を瞑り撫でられるレア

レアは最後に、プレゼントをくれました。
彼の心からの『信頼』というプレゼントをもらいました。
最期の時まで、私の言葉を聞いてくれました。
最期の時まで、私の希望を叶えてくれて、一人で旅立たず、ちゃんと声を掛けてくれたので、お見送りをすることができました。
いっぱい、いっぱいの「ありがとう」を伝えることができました。
「ちゃんと戻ってくるように!」と伝えることもできました。

笑顔のレア

戻ってくるときに迷子にならないように、
先に旅立った先輩たちにも “アナタたちの後輩だよ!” とわかるように、
私のお手製の目印を着けての旅立ちとなりました

レア、ウチの子になってくれてありがとう
楽しい時間をありがとう
信頼してくれてありがとう

いつまでもアナタの笑顔を忘れません
目印を頼りに、ちゃんと戻っておいで
待っているよ、レア!

今までレアを応援してくれた方々、助けてくれた方々、ありがとうございました
レアは最期までレアらしく、彼の犬生を生き切りました