ひとりごと ~お散歩編~

こんにちは。最近空気が“秋の匂い”になってきましたねぇ~ やぁ~なんだかウキウキしてきます😍 あたしは秋が好きよぉ~ だって、秋はあたしが生まれた季節だもん!

上を見上げるひな

準備できた? 行くわよ😃

さて、昨日はママさんのお友達の猫さんの同居人さんが遊びに来ました。でもね、猫さんはお留守番だったのぉ~ ちょっとガッカリ…😥 そう言えば、最近猫さんの写真がUPされてないよ?🤔  どうしたの、同居人さん?同居人さんはお仕事が忙しいんだってさぁ~ だから待ってあげてねぇ~(笑) by kiyoka)

まっ、それはおいておいて! 昨日はね、ママさんがお仕事に行っちゃったので、お留守番していたあたし同居人さんでお散歩に行ったのよ。同居人さんはママさんに「散歩の道はひなが知ってるから、お任せしちゃって大丈夫だよぉ~ 引っ張らないと思うしね👍」って言われて、あたしとお散歩してくれることになりました😃

実際のお散歩はどうだったかというとぉ~ なんか、昨日はいつもと気分が違ったんで、いつもと違う道に向けてお散歩へGO! もちろん、引っ張ったりしないわよ😁 「同居人さん、こっちだよぉ~ ちゃんとついてきてるぅ~」って、心配しながら?!お散歩🐾 ちょっぴりいつもより寄り道が多かったかな😜 同居人さん、付き合ってくれてありがとぉ~😍

歩くひな

はぐれないでねぇ~ by Hina  

はい、ついていきます by 同居人

と言うわけで、友人にひなと散歩に行ってもらいました。ひなには“歩くスピード”を自分で調節するように教えているので、どなたと散歩に行っても引っ張ることはほとんどありませんなので、私自身、安心してどなたにでも、ひなのリードを渡すことができます。もちろん、咄嗟の対応ができない小さいお子さんには無理ですがね💦

引っ張り癖の相談は、良く耳にします。多くの飼い主さんは、ワンちゃんを自分の横に着かせて歩かせようと短いリードで歩いたり、ワンちゃんの動きをコントロールしようと必死になってリードを引っ張り、ワンちゃんと綱引き状態で散歩をしています。それが引っ張り癖の大きな原因になっているのです。言い換えれば、引っ張り癖の原因を飼い主さん自らが作ってしまっているのです。ここのところを改善すれば、ワンちゃんたちは問題なく、“自然に”、飼い主さんの周囲について歩きます。

そして、引っ張り癖の改善に向けての重要なエッセンスは『楽しんで散歩すること!』 ただ歩いているだけでは、ワンちゃんもつまらない。つまらなければ自分で楽しいことを見つけようと、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ… 決して飼い主さんを引きづり回したい訳ではなく、ただ自分が楽しみたいだけ🤗 、なんです😓 じゃぁ、どうすればあっちフラフラ、こっちフラフラを改善できるのか?! 簡単に言ってしまえば、飼い主さんの周囲が『楽しい場所だ!』と教えれば良いのです。その方法は?! さて、なんでしょう? 楽しさは犬それぞれ。皆さん、ご自分のワンちゃんの性格や行動を見て、その方法を考えてみてください。

草を食べる?ひな