パピーたち?!のオシャベリ

皆さん、こんにちは。コロナ感染第3波は、徐々に落ち着きが見えてきたでしょうか? このまま落ち着いてくれれば良いのですが・・・ もうちょっとの辛抱かな?! がんばりましょう👊

昨年から続くStay Home 期間中に、新たな仲間🐶との生活を始めた方も多いのではないでしょうか? ひなとの散歩中にも、パピーちゃんやジュニアちゃんたちとすれ違うことが多くなりました。皆さんのご近所や、お散歩コースでは“新人さん”に会う機会は増えましたか?

さて、今日はその“新人さん”の話。
コロナ禍で、なかなか他のワンちゃんや飼い主さんと気軽に会えない今日この頃。ワンちゃん同士が会えても、飼い主さん同士で犬談義をするのも気を遣う状況ではないでしょうか? パピーパーティーも開催が減ったり、参加頭数が制限されたり・・・で、パピーちゃんたちの“犬コミュニケーション”経験値を上げるが難しくなっていますよね。飼い主さんたちも苦労しているのではないでしょうか?

まだまだ難しい、気を遣う状況ですが、少しでも経験値を積んでもらうべく、気をつけながらパピーパーティーやレッスンを実施しています。先日も新人パピーさんたちと会ってきましたよ👍 なかなか見ごたえのあるオシャベリとなりました(笑)

まずは、ジュニアのトイプーくんと、パピーのコーギーちゃんのオシャベリ。トイプーはココくん、コーギーはむぎちゃんです。いつもは オコチャマな?! ココくんが、先輩ぶりを発揮してむぎちゃん“犬のマナー”を伝えたようです。

コーギーを抑え込むトイプー

騒ぎすぎだよ!

イイじゃん!別に!

ダメなの!
ボクだって(先輩に)言われたんだから😠

ちょっとぉ~止めてよぉ~ 
あっ、足だ!(ガブッ)

倒れているコーギーのニオイを嗅ぐトイプー

ジッとしてるでしよぉ~
そろそろ動いて良いかなぁ~(ペロっ)

チェック終わってないからダァ~メ
もうちょっとジッとだよ!

はぁ~い

倒れたコーギーと満足げなトイプー

やっとむぎちゃん、ボクの話を聞いてくれたみたい
満足😃

ココ兄さん、そろそろ良いですかぁ~
まだまだアタシは遊びたいんだけどぉ~?!

… … …

なかなかのお転婆娘なむぎちゃん。一番年下でしたが、一番活発。ココくんもいつもとは違い(笑)先輩風を吹かせて頑張っていました👍 まぁ、周りからは「いつもと立場が逆だぁ~ ココくん、成長したねぇ~ そのまま成長してくれぇ~(笑)」...と、応援?!お願い?!の声が掛かっていました😅 どの犬たちも教え、教えられ、教え合いながら、成長してしていきますね😉 みんな、ガンバレ👊 

次に会ったのは、ほぼほぼジュニアな月齢の子たち。チワワのプクちゃん、シーズーのティムくん、チワポメのアロちゃんです。ちょっとだけアロちゃんが年下。ワンちゃんとの挨拶もお勉強中。今回は姉御肌?!プクちゃん気配り上手なティムくんが、アロちゃん“犬のマナー”を教えてあげたようです。
チワワとポメチワが挨拶中

洋服を着ているのがプクちゃん
ちょっと大きめなのがアロちゃん

大きさが同じくらいだと、飼い主さん的には安心して挨拶させられるのかなぁ?と思いますが、プクちゃんは相手の大きさに関わらず、ドンドン挨拶に行くタイプだそうです。アロちゃんは少々控えめ。見ている限り、アロちゃんはコミュニケーション術を勉強中なようです。

アロちゃんは緊張感と、どうすればよいのかわからず、ちょっと失礼な挨拶の仕方をしてしまったようです。さらに緊張感がMAXを超えて、吠えてしまう...という流れに💦 対するプクちゃんもどうすべきか困っていたみたいですね🤔 相手が大人の犬なら、ちょっと注意(=唸られる・歯をチラ見せされる)されていたかもしれません。

こういう状況は、結構アルアル!なのではないでしょうか? 今回、アロちゃんがまだギリギリパピーだったこと、プクちゃんがちょっと大人な性格をしていて、冷静に対応してくれそうだったので、2人?の“会話”を、そのまま見守りました。

*通常、成犬がパピーに対して攻撃的行動をとることはほぼないです。ただし、その犬が正しいマナーを身に付けていることが前提です。もちろん、絶対ではありませんので!! 自身の犬の状態、相手の犬の状態を読み取るスキルが、飼い主さんには必須ですよ! 

実際、プクちゃんは戸惑いつつも、アロちゃんに不安感を与えないように適度な距離を取ったり、唸れた時には離れる、でも、さりげなく近づく...などの行動をしていました。さらに、2人の良い緩衝材として、ティムくんが良い働きをしてくれていましたよ👍

上を見るシーズとチワワ

アロちゃんティムくん
最初、女の子たちの“会話?!”を
静観していたティムくん

徐々に慣れてきたのか、途中から
良い仕事をしてくれました👍

チワワたちの間にシーズがカットイン!

緊張してきたアロちゃんの前に、
ティムくんがカットイン!

アロちゃん「大丈夫、落ち着いてぇ~」
と伝えています

チワワとシーズの様子を伺うポメチワ

プクちゃんティムくんが穏やかに会話中
アロちゃんも興味が出てきたようです
ゆっくり近づいていきました

こういった場面では、飼い主さんの態度・対応も重要なカギになります。
アロちゃんの飼い主さんも、アロちゃんが吠えて(傍から見ると)攻撃しているように見えた時に(※ 実際、歯が当たるような行為はありませんでした)、慌ててアロちゃんを抱きあげようとしました。この対応も良くあることだと思います。しかし、この対応は 基本的にはNG 『抱き上げることはご褒美=正しい対応』と勘違いされることがあります。よっぽど危険な状況でない限り、そのまま様子を見ていた方が、状況は落ち着きますし、犬もマナーを学べます。また、唸ることがいつもマナー違反とは限りません。(...といっても、初めて犬を飼い始めた方にはまだまだその判断が難しいかもしれません。見極めるスキルを身に付ける場が、パピーパーティーやレッスンであったり、他のワンちゃんとの会合の場?!となるわけです。) 

アロちゃんの飼い主さんも“どうしよう、どうしよう💦”と焦っておられましたが、様子を見ていていただきました。今回のレッスンの間、何度かそういった場面がありましたが、プクちゃんティムくん「で、どうしたいの?」くらいの反応だったので、アロちゃんも徐々に落ち着き、最後の方ではゆっくり挨拶ができるようになっていました。アロちゃんプクちゃん、そしてティムくんの飼い主さんも3頭の様子を興味深そうに見ていました。次回会うまでにどんな成長を遂げているかっ! 楽しみにしています😃

そして最後に・・・
再び東北で大きな地震が起きました。被災された方々にはお見舞い申し上げます。
10年経っても、まだ余震が続いている状況を考えると、地震に対する備えは常日頃からしておかなければならないことを、改めて認識させられました。10年前は元気だったひなさんも、今はおばあちゃん犬です。10年前は地震がおきると飛んで来たひなさんですが、今回は、グッスリ寝ていたので慌てて起こしにいきました。今回の地震では、自身の安全を確保しつつ、まずはひなをの安全確保をしなければ!と、気づかされました。しばらくは注意が必要な日々が続きそうですが、皆さんも気をつけて!