パピーパーティー 🎉

桜も開花し始め、一歩一歩春に近づいてきましたね 今年も頑張って、ひなさん with 写真を撮るぞ(笑)

さて、今日は、先日行ったポウズ動物病院でのパピーパーティーの様子をご紹介です。今回参加してくれたワンちゃんは、A・コッカーT・プードル(クリーム)の女の子、そしてヨーキーT・プードル(レッド)の男の子の4頭でした。最初の内は、ちょっと控えめだった女子チーム。しかぁ~し、しばらくすると慣れてきたのかエンジン全開 男子チームは女子チームに押されてタジタジ T・プードルちゃんに至っては、あまりに早くて写真に写らない、、、ほとんどの写真に残像で写ってました

puppy-party 2 PA

あれ、カメラ ナニ撮ってんのぉ~ 
ボクはちゃんと話聞いてる?よぉ~

puppy-party 1 PA

あら、コレなにかしら
でもあたしは全然平気 問題ないわぁ~ 
ドンドン進むわよ

パティーに関する説明、犬のこと、色々なお話をした後に、環境刺激に挑戦。今回参加のワンちゃんたちは難なくクリアーしていきました 写真のA・コッカーちゃんはスイスイですねぇ~ 

次は人との挨拶の方法。これは犬が学ぶより、人が学んだ方が良いことですね。皆さん、初めて会うワンちゃん、まだあまり知り合いになっていないワンちゃんの目を見つめて挨拶したり、頭をガシガシ撫でていませんか コレ、ワンちゃんからすると、ちょっと警戒するやり方ですよ。気を付けて

puppy-party 6 PA

鼻クンクンしてご挨拶していますね 
T・プードルくんの腰がちょっと引き気味
A・コッカーちゃんの態度は堂々 
2人の状況がよくわかりますね(笑)

そして、いよいよ犬同士のセッションです。女子チームは元気いっぱい。男子チームは少々控えめ。最初は4頭ともギクシャクした挨拶の仕方、遊び方でしたが、徐々に慣れてきて、上手に会話を始めていました。
会話の内容は様々。ちょっとやり過ぎちゃうと、歯を見せて「イヤ❗」ということもあります。飼い主さんによっては、それがイケナイ行為だと注意する方もいます。しかし、それは決して悪い行為ではありません。「イヤ」なことを「イヤ」と表現できる、「イヤ」と言われたらそれを受け止められる、それができることはとっても大切なことです。

puppy-party 3 PA

ヨーキーくんがT・プードルちゃんにちょっとイラッ
T・プードルちゃんも「あっ、ゴメン」と離れていってますね

puppy-party 5 PA

3頭で仲良くクンクンtimeかな⁉

病院でのパピーパーティーをするメリットは、パピーちゃんたちが先生をはじめ病院のスタッフさんと仲良くなれることですね。
パーティーの最中、ヨーキーくんも先生の膝の上に一時避難❓と言うよりは、甘えていました。診察中にはなかなかできないスキンシップですね。パーティー中だからこそのマッタリ時間です。

病院に来る時は、あまり良い経験ができないのも確か。なので、パーティーを開催することで、パピーちゃんたちに病院はイヤな場所だけではなく、楽しい場所でもあるんだよ❗と、経験して欲しいです。また、先生たちにもパーティーを通して、パピーちゃんたちの性格や状態を把握してもらえればと思います。

puppy-party 4 PA