14歳になりました🎉

みなさん、こんにちは。急に寒くなってきたみたいですが、みなさんお元気ですか? ウチのママさんゴホゴホしてますよ😷 みなさんも気をつけて!

お誕生日プレゼント🎁にマクラをもらいました。なぜマクラ❓と、思いつつ…使っているあたしです😅

さて、あたし、先月、14歳になりました👏 最近、寝ていることが多くなったかしら❓ 時々、ママさんが帰ってきたのに気づかないことがあって、チョイチョイってされて、びっくりすることもあるのよね💦 でも、元気ですよ👍 ボケては…いないかな❓😅 ただ、ママさんが「恒例の誕生日検診で、ちょっと数値が悪くなってきているのがあるからゴハン変えなきゃねぇ~ ちゃんと食べてね、ひなちゃん🙂」って言ってました。どんなゴハンになるんだろう❓ ガンバって食べなきゃね😉

ちょっと遠出した公園で…
池の中を覗いたり、「あぢぃ、、、💦」ってなってみたりしました(笑)

ひなに変わって、私(kiyoka)から(笑)
ひなとの共同生活も13年半となり、最近、友人には「ひなちゃん、そろそろ人間になりそうだね(笑)」と、言われてます。何気ない言葉に反応して動いたり、表情を変えたり、雰囲気を察して立ち位置を変えたり…色々やってくれます。確かに人間っぽくなってきたかも😅 
とはいえ、犬であるひなには、私たちと同じ人生の長さはありません。ひなもちょっとづつ、体の中の老化が見えてきました。寂しいことですが、これは事実。受け止めて、今できる最善を尽くしていかなければ、その時間もさらに短くなってしまいます。一緒にいられる時間を長くして、最期の時まで自分で食べて、飲んで、立てて、動けて、排せつもできて…そして、ボケずに❗ 楽しく過ごせる。そういう時間を過ごさせてあげたいと思いっています。

『年をとったら介護する』、それが当たり前の風潮になっていますが、それはどうでしょうか❓ 犬として、介護されるというのは自然なことでしょうか❓ 病気等で介護をしなければならない状況になったら、もちろん介護すべきです。しかし、若いうちから、『年をとったら介護をする』前提で時を過ごさないでください。『年をとったら介護になる』のは、当たり前なことではないです。介護生活にならないように、日々、体にも心にも刺激を与えていってあげてください。

デッカイ牛に会いました
なんか、見られてます…🐄 スッゴイ見られてます👀

ひなの状態では、「まずは食餌療法で対応していきましょう!」と、先生から言われています。問題は、療法食を食べてくれるか、ですが…😓 おそらく、ひなは食べない時もあるでしょうが、他のモノが出てこないのを知っているので、お腹がすけば食べると思います😜 

今までの食生活で色々なモノ、好きなモノだけを食べてきた子たちは、なかなか療法食を食べてくれません。昔よりは美味しくなってきてるとはいえ、療法食はさほど美味しいモノではないでしょうから😅 しかし、食べてもらわなければ、病状が進んでしまうこともあります。まだまだ若いワンちゃんを飼われている方にはピンと来ない方も多いかもしれませんが、将来『何か』あった時に、色々なところで、今までの食生活の影響が出てきます。ワンちゃんたちの “ゴハンのワガママ” に、負けないように気をつけてくださいね。 

鋸山っていうところに行ってきました。結構ガタガタな道を、駐車場から山頂まで往復してみました。その先へは…止めておきました(笑) だって、遠かったんだもん ❗