DSCF8053ef

ペットドッグトレーナー

藤本 聖香   Kiyoka Fujimoto

 

  • 獣医師(麻布大学 卒)
  • 英国APDT認定ペットドッグトレーナー
IMG_3122small

大学在籍中から『犬の行動学』に興味を持ち、独学で学ぶ。卒業後は動物病院勤務。飼い主さんから寄せられる犬のしつけに関する相談の多さから、Animal Care College (UK)で『犬の心理学』を履修、最新の知識とトレーニング方法を学ぶ。2004年、実際のトレーニングを学ぶべく渡英。Canine Etiquette North Devon’s Dog Training, Behaviour & Education Centreでクリッカートレーニングを中心に、問題行動のカウンセリングやトレーニング方法を学び、現地にてAPDT UK (Association of Pet Dog Trainers UK)のトレーナー資格を取得後、帰国。2006年、Canine Relationz DogSchoolを設立。その後、英国滞在中に師であるSally Ansellに言われた「犬を知るには人間を知ること」の言葉に感化され、2007年から通信制大学で人間科学を専攻し、2009年に卒業。個々の犬の心理と行動を読み解き、さらに飼い主さんの状況を加味した上で、それぞれの犬と飼い主さんに合ったトレーニングやカウンセリングを実施。2016年、設立10年という節目を機に、トレーニングの枠に捉われず、多方面から犬と人の関係をサポートしていくことを考え、名称をCanine Relationzと改める。

IMG_1222tri+s

Canine Etiquette のディスプレイチーム

このメンバーで地域のフェスティバルや小学校などでタスクの披露などをしてました  

Sally Tracey Kioka Ash+small

私の先生Traecy(左)とSally(中央)、そして私のトレーニングパートナーのAsh(ボーダーmix)です

一言
興味があるものは何でもやってみないと気がすまない性格が災い?!してか、色々な分野に手を出しています。しかし、根っこにあるものは、『飼い主さんとワンちゃんがどうすれば気楽に、そして愉しく暮らせるか』ということ。十人十色、十犬十色(笑)様々な人がいるのと同じく、犬も様々。そして皆さんそれぞれが、違ったライフスタイルで過ごされています。それなのにトレーニングやカウンセリングの内容が一緒、、、というのは訳にはいきません。基礎となる部分は押さえつつ、それぞれの飼い主さん、ワンちゃんに合ったアドバイスをすることを常に心掛けています。それにはまず、飼い主さんとはもちろんですが、ワンちゃんとの話し合いが必須! 皆さん、毎日ワンちゃんと会話していますか? 犬たちは結構色々なことを伝えてきてくれます。レッスンを通して、一緒にワンちゃんとの会話力を磨いてみませんか!

ドッグアシスタント

藤本 ひな Hina Fujimoto 

 

  • 別名:ひな先生、Queen Hina
  • 現在、セミリタイア中
  • 雑種
DSCF7723ef

2006年4月、藤本家4代目ワンコになる。“天真爛漫”で“ひなた好き”だから!…という不思議な理由で、ママさんから「ひな」と命名される(笑)。別名Queen Hinaは、ママさんのお友達Angelaさんが来日した時に、その性格から命名される。自分の思う通りにならないとイヤなタイプ、好き嫌いがハッキリしている、とっても“女の子”な性格(笑) 10歳を超えた今でも、”女の子”な性格は相変わらず…
現在はセミリタイア中のため、たまぁ~にしかお出ましになられませんが、ひな先生の厳し眼差しで注意を受けたパピーたちは数知れず。ただ本犬は実はヘタレなんですよ、皆さん!

DSCF8194small
DSCF6738tri2small

一言
あたしはウルサイ子が嫌い。大人で、紳士的なワンちゃんが大好き(笑) ママさんには「そのあからさまな態度の違いは、恥ずかしいから止めて…」と(笑いながら)言われるけど、) それがあたし!変えられません! ママさんはそんな性格もひっくるめて、あたしが大好きなんだよね (YES, I love you, Hina! by kiyoka) 最近、あんまりママさんとお仕事に行かなくなった、あたし。たまぁ~にママさんが「あれ、ひなちゃんボケちゃんたの?!」って失礼なことを言う時があるのよ! ちょっとボォーっとしてただけじゃない!失礼な!! なので、これからはママさんにそんなことを言われないように、ちょっとづつ頭の体操(=Funタスク)とかしながら、いつまでも健康で元気に、楽しく、そして気楽なシニアライフが送れたらなぁ~と思ってます。ママさん、また一緒にやろうね!

 

Canine-Relationz

  キャナイン リレーションズ

Canine Relationz は、2006年にCanine Relationz DogSchool として、『家庭犬のトレーニング&カウンセリング』を目的に設立しました。こだわったのは家庭犬』のトレーニングということ。ペットとして飼われている犬たちのほとんどが『家庭犬』です。飼い主さんの中には、警察犬やドッグスポーツをする犬たちの様に華々しく競技をしたり、華麗な動きをする犬たちに憧れつつも、自分のワンちゃんに厳しい訓練はさせたくないし、自分にもそれはできない、だから「ウチの子に訓練やトレーニングは必要ない」と考えている方が多いのではないでしょうか? 
しかし、家庭犬には家庭犬として覚えなければならないルールがあります。そして、飼い主さんも犬を飼ったからには覚えなければならないこと、知っておかなければならないことがあります。トレーニングやカウンセリングを通して、家庭犬に必要な情報を提供していくことが、家庭犬ドッグトレーナーの役割であると考えています。

  • Canine Relationz のトレーニングは
  • 楽しく!
    • 楽しくなければ意味がありません
    • 飼い主さんもワンちゃんも共に楽しめるトレーニングを行います
  • 飼い主さんとワンちゃんが主役!
    • トレーナーはあくまでもサポーターです
    • トレーニングを通して、飼い主さんとワンちゃんの絆を作りあげましょう!
  • 個性的に!
    • 同じ犬は1頭もいません
    • それぞれのワンちゃんの学習方法、学習スピードに合ったトレーニングをしていきます
  • 年齢制限ナシ!
    • パピーからシニアまで、個々の状況に合わせたトレーニングを行います
  • 体罰は必要ナシ!
    • ドッグトレーニングに過度な力や暴力による罰は必要ありません
    • 褒めることを主体にトレーニングを行います

 

そして、もう1つのこだわりは名前にもつけたRelation(関係)』を大切にすること。飼い主さんとワンちゃんの関係、ワンちゃんと他のワンちゃんの関係、飼い主さん同士の関係、飼い主さん&ワンちゃんと社会の関係、もちろん、飼い主さん&ワンちゃんとCanine Relationzの関係。犬を飼うことで多くの『関係』が生まれます。Canine Relationz は、その1つ1つの関係を大切にし、より良い関係性を築き上げるお手伝いをすることをモットーにしています。

 

2016年にCanine Relationz として新たな歩みをスタートしました。まだまだどんなお手伝いができるのか手探り状態ですが、トレーニングを通して、立派な家庭犬を育てることはもちろん、獣医師として提供できる情報(*治療や診断は一切行いませんので、その点ご理解下さい)も含め、飼い主さんとワンちゃんがより充実した共同生活を送るための情報やノウハウを、積極的に提供していきたいと考えています。